2008年 1月〜6月
→バックナンバー

6月29日(日)
後遺症で苦しんでいる。昨夜は「荒川団」のライブ。しかし身体が言うことを利かなかった。オリオンのマスターそして共演の予定だった荒川団のみんなに迷惑をお掛けしたのにも関わらず私を励ましてくれる。そして家内が奔走して手助けしてくれた。みんなに感謝の気持ちで一杯です。


主治医に、今の後遺症についてこう説明された。「10本の電線のうち3本が切れてしまった。今その残りの7本の電線で 以前の状態に繋がろうとしています。だから筋肉にしても神経にしても様々な症状を出すのは仕方がないのです」「時間が沢山あることに身をゆだね、今は
のんびりやってください」


6月27日(木)
オフロードの世界は 推敲しながら進んでいます。なるべく分かり易い言葉で書いています。
何か質問等ありましたら メールで。(表紙のロゴをクリックしてください。)しかし鬱陶しい季節です。もろ身体が反応していくのがキツイ!!。


6月22日(日)
オフロードの世界現在の私の病気との共生を書き始めました。多くの方がこれらの病気に苦しんでいると思います。ご参考までに読んでください。そしてともに諦めずに頑張りましょう。


6月20日(金)
☆New Album!「blues.the-butcher-590213」1st.アルバム『SPOONFUL』
(P-VINE RECORDS PCD-26024 \2,730)
今日ホトケさんのNEW BANDの発売です!!!
私のところにも何枚かあります。欲しい人はこのホームページの表紙のメールで 送り先を書いて送ってください。送料はこちらで持ちます。宜しくお願いします。
590213は亡き浅野氏(ブッチャー)の生まれた日です。


6月10日(火)
明日より療養に行ってきます。今年の3月から「やすらぐ」ことが多い自分に驚いています。病気が休めということを言っている。


6月5日(木)
薄皮を剥ぐように少しずつ身体が治っている。今週は少しだけど仕事もしてみた。立つのが少し難儀だけど 前より手のしびれがとれて来た。とにかく気をつけなければならないことは 再発だ。来週北里大学東洋医学研究所で薬を貰ったら もう一度鹿教湯温泉にリハビリに行く予定。仕事は本当に子供達に感謝。家族が一つになっている。



6月1日(日)
昨日は犬の餌を買いに 近くのショッピングセンターへ。患者さんに多くさん会った。変装しても分かってしまう。家族で お店に夕食に。ここでも知り合いに。んんんんん。


5月30日(金)
寒い。一転してこの寒さだ。昨日まで東京に行き、北里大学ー東洋医学研究所の漢方科でお薬を処方してもらった。煎じる本格的な漢方薬なので保険は利かない。2週間ごとに通院し
様子見て又調合を変えていく。あらゆることをして治って行きたい。


クレージーキャッツの 往年のテレビ「しゃぼん玉ホリデイ」「大人の漫画」「クレージーの10周年コンサート」など4枚組みの涙が出るほどの待望の映像だ。50歳過ぎの方のファンのみなさま是非ご覧下さい。



5月25日(日)
身体の左右のバランスを崩すと人間は立つこともままならぬ。脳梗塞、脳出血なんとも
恐ろしい病気だ。低気圧の通過と共に左肩が異常に重く痛い。。
明日ようやくMRIの検査の予約がとれたので その結果とこの痛みを話してみるが どうも痛みに対する治療はないようだ。十字架を又背負ってしまったのか。
先日の入院で同部屋の床屋のマスターは40代。入院中とても気が合い先日退院したと聞いたので 頭もぼさぼさなので出かけた。元気だったが前日ご母堂がお亡くなり大変そうだった。しかし私の左側もしっかり充分に揉んでくれた。腕前も確かだった。
彼は痺れも麻痺もなく今後の生活習慣と抗血小板剤を飲むことになった。降圧剤も服用に。しかし大したことがなく良かった。日赤の看護師さんも本当に働く。先日の病院の看護師さんもそうだが本当に素晴らしい。何と勇気付けられることか。




5月23日(金)
自分の身体がままならぬということは かなり精神的にキツイ。しかしこれも試練。ふん
と受け止めている。
今日は 竿を持ちヘラブナを。左手が思わしくないため左の訓練のため。しかしこの季節というのに釣果は ぼうず。。何のリハビリにならない。
Georgeのベスト版を聞いている。いいなあ。湿った風とともに梅雨来るなああ。。


トンボ公園の会報への寄稿
悠久なる自然 世の中では中国の地震に揺れている。痛たまれない。子供が 校舎の下で親を呼んでいる。天災は時間も人間も選ばない。自分だったら何てこの天災はありえない。世の中常に 出来事が おこる。無常なるものは最たるものは天災だ。ただ人災もある。医療崩壊で苦しむ老人。。何故、誰がその人の立場で決めたのか?
小泉前首相
の遺物だ。

 

男衾トンボ公園広場はなくなってしまった。仲間は片付けにおおわらわだ。いやはや何とも何ともはや。行政は きちんと申請すればの繰り返し。オウムのよう。

 

以前イングランドに行かせて貰ったとき、大英帝国のやった自然破壊は100年の復旧で何とかなったとイギリス人に言われた。自然は 壊したら その歳月が必要なのだろう。新たな代表は 時代に継ぐ仲間を増やして欲しい。

 

夏の日の ヘラを待つ 晩春の風。
昔 応援した仲間の 変わりざま。
ゆっくりと リハビリする 夢の風
悲しくも 漏らすな 草葉の教え。
感じ入る 悲しみと トンボ公園の生きものたち
心よ噴出すな ままならぬ 手足を。



5月14日(水)
急遽、男衾トンボの里公園広場が 地主さんが我々に貸さないと言い無くなりました。
東屋、看板は 早速撤去せざることになり友達の会社で撤去を始めました。
どういうことのいきさつなのか本日幹事会で 説明され今後のことを協議します。18日(総会後)の更新を私は本当に楽しみにしていました。倫理がまったく通用しない人が 介在しここにいったい何を作ろうかというのだろうか。失ってしまった自然はもう戻らない。一人取りまとめてくれていた内田さんの気持ちは疲れ果ててしまっただろう。又、地主さんを取り持ってくれた方のご足労に感謝し心中を考えると痛み入ります。商工会、倫理法人会でもこのことを是非取り上げてもらいたい。寄付を頂いたロータリーの皆様にも、このことはきちんと報告したい。商工観光課の人たちも問い合わせに苦慮するだろう。トンボ公園の問い合わせは多いのだから。日本中に応援してくれる人がいるのだから。

私の仕事:病気が「するり」と世代交代をさせてくれた。感謝します。
いつまでも親離れが出来ない子、そして子離れが出来ない親。出来事はいつでもあります。時代は変わります。同じところに留まってはいません。そしていつか死ぬのです。上段から構え論法しても誰もこの真理は変えられません。誰にでも起こるのです。ありのまま受け入れるだけです。私は この身体をありのまま受け入れ愛しみ大切にしていきます。



脳梗塞(4月29日未明入院)で10日間入院しまして 昨日退院しました。ご心配をお掛けした方がた またお見舞いをいただいた方がた本当にありがとうございました。しばらくはリハビリと休養を兼ねのんびりやりつつも主治医には 仕事を開始しても良いとのことですので ゆっくり
仕事を始めたいと思います。あれをやったからなっただとか あんな考え方だったからだと言う方もいらっしゃると思いますが それこそストレスが溜まります。重々自分で思うことはありますが 事故みたいな病気です。事実血液検査 血圧など さほど問題はなかったです。自分で考え自分の愛する家族 友人たちと過して行きたいと思います。



4月21日〔月)
昨日は 末野トンボモデル地区での作業だった。このモデル地区はトンボ公園というものは こういう形ですという原点の場所だ。這いつくばり篠をノコギリ鎌で沢山切り落とした。
草の匂いがなんとも芳しく心を落ち着けさせた。新たに池を2つ掘りトンボ達が生息するには
いい環境となった。木道など痛みがありその修理が残るが 今年中にはやっていきたい。
しかしこの公園は懐かしい思いでも沢山ある。亡くなった中畝さんに山の下刈りとはこういうものだと教わった公園だ。今年中畝さんから分けていただいた「カタクリ」が何年ぶりだろうか
咲いて家内と喜んだ。


4月19日〔土)
映画「めがね」のメルヘン体操がなんとも言い心持だ。嫁と孫で楽しんで体操している。
毎日身体の手入れをすること。忙しい日々の仕事だが 退院してから世界が大きく変わった。「たそがれる」「休養」真の意味で やっている。



4月16日〔水)
NHK教育テレビの「みんなの体操」を1月以上毎日かかさずおこなっている。10分間の体操だが ラジオ体操をその中で行い実に気持ちがよい。続けていくことが大切と思う。


オリオンに火曜日お邪魔したが カウンターのバーも出来いよいよ新しい世界に 入ってきている。マスターも何でも一人でどんどん直し作ってしまう。驚く。
我々も4月〜演奏者として第4土曜日にライブを行う。お客さんに楽しんで貰うことも大切ですので音作りも慎重に行いたいと思う。


氣の世界 様々な世界を興味深く勉強を始めた。「合気道」「ヨガ」「新体道」人間の本来持つ自然との交流そして本能 これらを研ぎ澄ませて行きたい。
明日はよりい会館にて 皆さんと健康法について学びたい。
今回のテーマは基本である足の裏です。これからもこのことを芯としてやっていきたい。ワカメ体操もその一環。
下半身をどっしりとして上半身はかるーくかるーくということです。



4月11日〔金)
昨日は一日掛かりで病院に定期検査〔東京)に行きました。行きに2時間半 治療、薬で2時間待ち帰りは東松山の(バサラ)によりましたが朝の5時半から夕方4時に帰りました。
結果は「もうこちらの病院での治療はいいです。お近くの病院でお薬をもらってください」とのことでした。ほっとしました。相談部でこちら付近の30余りの病院をあげてくれましたが何処の病院に行ったらいいのやら・・・。そこに主治医の紹介状を持って行くことになっています。家に帰り早速疲れをとる(ヨガ」をやり頭をからっぽにしました。
まだヨガは難しい形など とてもとれませんが 呼吸法は20年前からやっていたので呼吸法を主体として身体を動かしていければ いいかなあと思っています。導引体操そしてメルヘン体操・・映画「かもめ食堂」「めがね」是非ご覧下さい。気分がいいです!!

4月6日〔日)
自然館の大掃除の後 家族で農林公園に出かけた。ヨガマットを持ち。
横になり、いい気を入れのんびりと過しました。良い気持ちでした。
観光協会に問い合わせると 芝生のある公園は寄居町にはなく淋しい思いです。
ハイドパークやらセントラルパークなど何もない公園が欲しいなあ。その
一つトンボ公園がありますが 13日から看板木道の撤去が行われるこになりました。


4月2日〔水)
オリオンの4月からの内容が決まりました。
形は 貸しスタジオ形式となります。
名前は「オリオンCAFFE」になりました。

練習の場合は 1時間2500円(一グループ 個人は別料金)
マスターのドラムの個人レッスンもあります。マスターに電話してください。
辺見さんのピアノの個人レッスンも人数が集ればオリオンでやってくれるそうです。

ライブを行う場合は 5時間25000円 飲み物は持ち込み禁止!!
保健所の許可を取りましたから 食べ物飲み物は有料であります。
2バンドだと1500円のチケットで9枚×2=18枚をお売りしていただければ
すなわち1バンド8,9枚〔1500円の場合)ということです。
但し飲み物は別料金でお店から販売します。何があるかご期待してください。

土曜日のライブについて
第3土曜日 JAZZ  Day  辺見トリオ
第4土曜日 BluesDay    奇数月は Bluesセッション パーマネントバンドあり
                 偶数月は LOVEBONE ゲストバンドもあります

第1土曜日 FreeDay   どしどし申し込んでください。今のところ6月まで
                 あります
第2土曜日 親父バンド         

連絡先はオリオンCAFEEまで048-581-0166
             鳥塚 携帯090-3434-7438

今後とも長続きするため宜しくお願いします。
ライブを行う場合 他のお店よりかなり格安になります。


今後ともオリオンCAFFEご贔屓に!!


3月29日〔金)
長いこころの旅から帰ってきました。静かな気持ちです。
高知では偶然に正木五郎ちゃんと再会しいろいろな話をしました。縁はいなものです。


身体をメインテナンスをし待ってくれてた友とのんびり語り合いたい。
休息というものこんなに全てが安らいだのは 初めてです。
夏には沖縄に行きます。


3月22日(土)
本当に久しぶり。体調を崩しおまけに入院。今日は一泊外泊です。
また4月から ゆっくり始めます。



2月10日(日)
今日は仕事がお休みで 正直ほっとしている自分がいる。大好きな街吉祥寺の「のろ」で 仲の良いバンド「荒川団」がGwanさんとともに演奏する。開場:19:00pmお近くの人Gwanさんの
ファンの方是非出掛けて下さい。素晴らしい雰囲気のライブになることは請け負います。


混沌としている自分の休養。何よりの治療だ。溜め込んでいた本を次々と読む。ねじめ正一氏の「荒地の恋」是非読んでください。田村隆一氏の破天荒な人生が浮き彫りにされていて 私がこの詩人に会ったとき〔今から34年前)黄金のマントを着ていらっしゃった。あの日 これから何処に旅に行こうとしていたのだろうかなど考えてしまう1冊だ。詩人が詩を書き食べていくことの困難さ、家族を養うことの大変さが 分かる。北村太郎氏を含め戦後の詩人達の動きは複雑な人間関係に彩どられている。


2月6日(木)
とにもかくにもストレス!!コバちゃん始めお友達の方々 何故か前向きなのです。体調も生活スタイルを変え50代のペースを模索しています。ご心配心からありがとう。今年は会いましょうね。
畑にそろそろ出て冬物の大根を整理したい。今年の大根も非常に旨かった。カブも。今年の作物で嬉しかったのは 白菜、キャベツ、ブロッコリーが旨く成長している事だ。白菜は鍋に入れ
大変旨かった。甘いのです。もうすぐキャベツの収穫。ブロッコリーも。春後半に実になるインゲン、ソラマメもほったらかしなのにすくすくと成長している。


トンボ公園の会報発行に向け 音楽祭に関わった仲間が寄稿してくれている。仲間の幹事さんは締め切り間際に Nさんに渡すのだろうな。皆分かっているけど 文章にならないのだろうな。みんなの悪戦苦闘の姿が目に浮かびます。〔笑



2月5、6日(火)〔水)
昨日は〔2月4日) 午前中の仕事の終わり間際 突然血圧が上昇してきた感覚が感じられアダラートの舌下錠を口に居れ横になった。しばらくして頭痛がしだし、かかりつけの医師に行き 心電図やら降下剤の追加 そしてK脳神経科に紹介されMRIで脳の検査をした。
幸いにも 脳梗塞脳出血の疑いは なかったが 疲れ果てた。神経やら血管やら52歳を迎えるにあたり いろいろオンパレードだ。薬で生かされている気分が致し方ないが 今は他力を借り自力になるまでの期間と考え直し仕事は患者さんの絶対数を減らしながら 続けている。この歯科界に減らすことは 甚だ悲しいことだが。自分が倒れては来てくれる大勢の患者さんに申し訳ない。そして母がいるので倒れることは 出来ない。家内にそれこそ大迷惑をかけてしまう。
とにもかくにもストレス!!

1月31日(木)
頚椎挫傷の後遺症で苦しんでいる。10年以上前起こした自転車での事故の後遺症で頚椎の
何番目かが飛び出してきている。肩こり首の周囲の痛み気分の落ち込みなど様々な症状が
襲っている。今何とか仕事を続けられるようにだけはして 病院に通っている。お酒も2週間
断っている。薬と酒との絡みは 異常なることを身体に示すからだが。仕事から完全に離れるとそれこそ自分が危うくなるのは 知っているからだ。細く長くの人生に向け戦っている。


厳寒期のヘラブナ
とにかく寒い。いろいろ暖をとるため着こなしには 配慮している。
いやあ釣れない。口を使ってくれない。バラケ餌も工夫しているのだが 何の浮きへの動きがない。多くの人が水坂沼に集っているが 全体で10枚くらいだろう。ささくれだつ風景である。
少しずつバンドが進んでいる。


1月12日(土)
んんん疲れた。バンドの新しいメンバーを探すのに本当に疲れてしまった。


夜中4時頃お起き出してしまう。頭の中は嫌なことばかりが駆け巡る。


何もかも途中だ。降りてしまった仲間のことが頭から離れない。


仕事の時だけ 気合が入る。が終われば 混沌とし出口のないトンネルに入ったようだ。



1月5日(土)
今日は始めだ。正月は時間を見てヘラブナつりを寒さの中 楽しんだ。浮きを見ていると いろいろなことを思う。私の仕事、バンドのこと。釣りは大ブナを3枚くらい絞り上げた。大満足である。上ってきたヘラは 凍っているのだから口を使わないことといったら。周りの多くのヘラ師の溜息がもれている。ぼうずなんて野釣りでは この時期あたりまえだ。


謹賀新年
いろいろなことがあった2007年。今年も宜しくお願いします。

正月に母に会いに行き 母が何も変わっていなかったことに悲しみに包まれた。2年半母は一言も話さない。ただおめでとうと言うと「にっこり」笑ってくれた。母も今年で79歳。穏やかな日々を祈りたい。

ページトップへ戻る